小・中学生向けプログラミング無料ワークショップを2/17(土)に開催 プログラミング教育メディア「コエテコ byGMO」と 学研プラスのプログラミングスクール「Gakken(ガッケン) Tech(テック) Program(プログラム)」が共催

プレスリリース

GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)が運営する、プログラミング教育メディア「コエテコ byGMO(以下、コエテコ)」は、株式会社学研プラス(代表取締役社長:碇 秀行 以下、学研プラス)が運営する子ども向けプログラミングスクール「Gakken(ガッケン) Tech(テック) Program(プログラム)」と共同で、小・中学生向けのプログラミング体験ができる無料のワークショップを、2018年2月17日(土)に東京・渋谷で開催いたします(定員30名)。

このワークショップでは、普段「Gakken Tech Program」で教えている方々を講師に、人気ゲーム『Minecraft(マインクラフト)』を題材にしたプログラミング学習ツール「Minecraft Hour of Code」を使用しながらプログラミングを学びます。

 

【「コエテコ」とは】(URL:https://coeteco.jp/

GMOメディアが運営する「コエテコ」は、「プログラミング教育がわかる、プログラミング・ロボット教室がみつかる」をコンセプトに、2017年11月に開設したプログラミング教育メディアです。プログラミング教育に関する最新ニュースや調査結果をはじめ、様々なプログラミングスクールの情報を伝えることで、小学生のお子さんを持つ親御さんを対象に、プログラミング教育への理解を深めるとともに、プログラミングスクール選びの参考となることを目指しています。

 

coeteco-logo2

 

【小・中学生向けプログラミング無料ワークショップ開催の背景】

昨今では、IT関連ビジネスが広がりを見せる一方、IT人材の不足が問題となっています。2016年時点で17万人超が不足、今後は人口減少に伴ってさらに人材不足が深刻化すると予測されており(※)、IT人材の育成が急務となっています。また、コンピュータに意図した処理を行うよう指示する「プログラミング」を子どものうちから体験させることで、論理的思考力や問題解決力などが育まれるとして、プログラミング教育への関心が集まっており、2020年度からは小学校でプログラミング教育が必修化されることも決定しています。

こうした中、学研プラスは2016年より小・中学生向けプログラミングスクール「Gakken Tech Program」を運営しており、プログラミングの基礎が学べる無料ワークショップの申込者数は延べ3,000人にのぼるなど、多くの反響を得ています。

そこで「コエテコ」は、こうしたプログラミングへの関心の高まりを受けて、より多くの子どもにプログラミング体験の機会を提供し、プログラミングに関する理解を促すべく、「Gakken Tech Program」と共同で、小・中学生向けプログラミング無料ワークショップを開催することといたしました。

※出典:2016年6月10日発表 経済産業省「IT 人材の最新動向と将来推計に関する調査」

 

【小・中学生向けプログラミング無料ワークショップ概要】

●日時 2018年2月17日(土)14:00~16:00
●会場 セルリアンタワー オフィス棟 11F(東京都渋谷区桜丘町26-1)
●料金 無料
●対象 小学校1年生~中学校3年生

*保護者の方の送り迎えが必要です。

●内容 人気ゲーム『Minecraft(マインクラフト)』を題材にしたプログラミング学習ツール「Minecraft Hour of Code」を使用。『Minecraft』のキャラクターをプログラミングで動かして課題をクリアしながら、プログラミングを学びます。

ワークショップはタブレットを用いて行うので、パソコンに慣れていないお子様でも問題なくプログラミング体験ができます。

●講師 プログラミングの知識が豊富で、子どもに教えることが大好きな大学生や専門学生が講師としてサポートします。
●定員 30名

*応募者多数の場合は抽選となります。

●応募方法 下記URLの応募フォームに必要事項を記載のうえ、お申し込みください。

URL:http://gakken.jp/techprogram_workshop/

 

【「Gakken Tech Program」について】

「Gakken Tech Program」は70年の教育の歴史を持つ学研が、新たに取り組む小・中学生向けのプログラミングスクールです。参考書などの出版から学習塾まで、幅広く教育に関わってきた学研だからこそのカリキュラムで、プログラミングを始めるお子様を全力でサポートします。

 

【報道関係お問い合わせ先】

GMOメディア株式会社 広報担当 森島

TEL:03-5456-2626  FAX:03-5459-6077

E-mail:pr@gmo.media

 

GMOインターネット株式会社

グループ広報・IR部 石井・島田

TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

 

【サービスに関してのお問い合わせ先】

GMOメディア株式会社  沼田・恒川

TEL:03-5456-2626 FAX:03-5459-6077

E-mail:info@gmo-media.jp

 

【GMOメディア株式会社】 (URL:http://www.gmo.media/

会社名 GMOメディア株式会社 (東証マザーズ 証券コード:6180)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 森 輝幸
事業内容 ■メディア事業■その他メディア支援事業
資本金 7億6,197万円

 

【GMOインターネット株式会社】 (URL:http://www.gmo.jp/

会社名 GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業 ■インターネット広告・メディア事業■インターネット証券事業   ■モバイルエンターテイメント事業