GMOメディアのプログラミング教育ポータル「コエテコ byGMO」 小学生向けのプログラミング・ロボット教室の掲載教室数で業界No.1に

プレスリリース

GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)が運営する、プログラミング教育メディア「コエテコ byGMO(以下、コエテコ)」は、小学生向けのプログラミング・ロボット教室情報を掲載するポータルサイトとして、掲載教室数が5,794校と業界No.1(※1)になりました。

今後も「コエテコ」では、保護者の方ならびにお子さまへ向けて、プログラミング・ロボット教室の情報と「プログラミング教育」の可能性について分かりやすくお伝えするべく、より意義のある情報提供に努めるとともに、使いやすいサービスを追求してまいります。

(※1)2018年12月時点、調査委託先:MMD研究所(調査概要については下記参照)

 

掲載画像

 

【「コエテコ」について】(URL:https://coeteco.jp/

「プログラミング教育」は、2020年より小学校で必修化されるのを皮切りに、2021年には中学校、2022年には高校での必修化が決まっています。また、文部科学省では、2021年から大学入試センター試験に代わる大学入学共通テストにおいて、2024年以降、プログラミングを含む「情報科目」の導入を検討しており、「プログラミング教育」は公教育の幅広い階層にまで広がりを見せつつあります。さらに、小学生のうちから「プログラミング教育」を学ぶことでプログラミングの知識だけでなく、自ら考え、形にできるプログラミング的な思考能力を育てる必要性があることなどから、「プログラミング教育」の市場規模は今後も拡大していくと予想されています。(※2)

 

「コエテコ」は、昨今問題となっているIT人材の不足の解消だけでなく、「子ども達にプログラミングの楽しさや可能性について伝えていきたい」という想いで、2017年11月に開始したプログラミング教育ポータルです。“プログラミング教育がわかる、プログラミング・ロボット教室がみつかる”をコンセプトに「近くのプログラミング教室を探したい」といった消費者のニーズを汲み取りながら、プログラミング教室事業者と連携し、サイトの情報を充実させてまいりました。

 

その結果として、このたび「コエテコ」の掲載教室数は5,794校と、インターネット上でプログラミング・ロボットスクールを検索できるポータルサイトの中で業界No.1となりました。

 

(※2)2018年4月23日発表「2018年 子ども向けプログラミング教育市場調査」(「コエテコ byGMO」と『船井総合研究所』の共同調査)

 

【調査概要】

調査名 小学生向けプログラミング・ロボット教室ポータルサイト調査
調査期間 2018年12月3日~12月12日
調査方法 インターネット上で小学生を対象とするプログラミング・ロボット教室を検索できる、上位16サイトで一定期間通える教室の掲載数を調査(デスクリサーチ)
調査委託先 MMD研究所

 

【報道関係お問い合わせ先】

GMOメディア株式会社 広報担当 森島

TEL:03-5456-2626  FAX:03-5459-6077

E-mail:pr@gmo.media

 

GMOインターネット株式会社

グループ広報・IR部 石井・島田

TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

 

【サービスに関してのお問い合わせ先】

GMOメディア株式会社  沼田

TEL:03-5456-2626 FAX:03-5459-6077

E-mail:info@gmo-media.jp

 

【GMOメディア株式会社】 (URL:http://www.gmo.media/

会社名 GMOメディア株式会社 (東証マザーズ 証券コード:6180)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 森 輝幸
事業内容 ■メディア事業■その他メディア支援事業
資本金 7億6,197万円

 

【GMOインターネット株式会社】 (URL:http://www.gmo.jp/

会社名 GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業 ■インターネット広告・メディア事業

■インターネット金融事業   ■仮想通貨事業